読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EspLog

アニメ、鉄道、ゲーム、コンピューターなどサブカルチャー系を綴る個人ブログ。マイペースにやっております。

【ラブライブ!】『μ'sとみんなのスペシャルステージ上映』行ってきました

追記

アクセスありがとうございます。
コチラは、劇場版のスペシャルステージ上映についての記事です。
μ’sありがとうProjectの「μ’s Live in Theater」のスペシャルステージ上映に関する紹介記事は下記URLからご覧ください。

blog.esupi.jp

ネットで知り合った友達とラブライブの劇場版を見にいってきました。

その上映回が『μ’sとみんなのスペシャルステージ上映』っていうちょっと特殊な上映回だったので映画の感想も交え色々…適当に綴ります。

f:id:esupi7:20160127230329p:plain

(↑) 「ラブライブ!The School Idol Movie」キービジュアル (公式サイトより引用) © 2015 プロジェクトラブライブ!ムービー

【注意】

以下内容は映画のネタバレが若干あります。ご注意ください。
小並感で思ったことをそのままどんどん書いてます。乱文ご了承ください。

6月28日になんばパークスの特別上映回に行ってきました。今回僕は2回目で、友達が1回目です。僕はかよちん推しで友人は凛ちゃん推しです。

結果的に…

μ’sとみんなのスペシャルステージ上映っていうのは簡単に説明すると、映画館でみんなで楽しくワイワイして盛り上がろうってわけです。こういった上映を「絶叫上映」と呼ぶらしいですが、このネーミングだけ聞くと結構不安だったです。初心者ラブライバーとしては。

まあでも先に結果いうと、めっちゃ楽しかったです(小並感)。友達が言ってましたが「映画をニコニコ動画でコメント流して見てる」感覚でした。

まあネーミング通り

上映は結構ギリギリでシアターに入りましたがほぼ満席。さっそくサイリウムを持っている人がチラホラいたけど、上映前まではまあ普通の映画館って雰囲気でした。

で、まあなんとか席について上映開始。最初にスペシャルステージ限定で見れるμ’s9人全員が登場するマナーCMがあるんだけど、ここからなんかおとなしかった観客が爆発。急にサイリウム見せて立ち上がる人が出てきました。ざっと観客の半分かそれ以上くらい。

ラブライブ専用?のサイリウム持っている人が多かったです。メンバーのカラーに合わせて色切り替えれるみたい。最初空港に集まってメンバー紹介していくときメンバーの色にみんな切り替えてサイリウム振ってました。推しキャラが出てきたらネーミング通り絶叫してました。僕もかよちん出てきた時呼びそうなった、かわいすぎ...。

ライブに来てる感じ

やっぱ何回も見てる人がほとんどって感じでした。正直初めて見る方にはあまり向いてないですね。一緒に行った友達は楽しかったと言ってましたが...。アニメであったテンプレが映画でも登場(かよちんの「ダレカタスケテー」とか)するのは僕でもわかったんですけど、映画独自のテンプレとか既に出来上がってたのはビックリしました。映画何回も見た人きっと多かったでしょうね。穂乃果ちゃんのジャンプ(幼年期と異空間のところ)応援するところは温かみ感じました。

挿入歌、EDのときはもちろんみんな立ち上がってサイリウム振って手拍子したり歌ったりしていました。その瞬間が特にライブに来てる感覚を味わえたのでとても良かったです。女性シンガーが歌い終わった後の観客の拍手は何かμ’sと重なるところを感じました。やっぱあの女性シンガーは…。

ユニークだなと思ったこと

映画では走るシーンとかちょこちょこあるんですけど(穂乃果ちゃんが自宅からスクールアイドル集合のイベントに向かうところとか)、そのときに観客の数人がシアターの真ん中の通路走り回ってました。で、そのシーンが終わって息切らしてる走った観客を他の観客が「おつかれーっ!」と声かけてる人が結構いたのは良かったです。シアターにいる人同士結構仲良くなっていきました、終盤は。

他にも自由の女神像の前で写真撮るときにポーズの真似してたりとか、スクールアイドル集合のイベントで観客の方が花道つくって他の別の方が通ってるのとか面白かったです。まあ映画館のシアターでこんなことやってるのは想像しづらいかも。

偏見かもしれませんが、大阪人らしいノリの良さとかが出てて一層楽しかったです。

1つになって盛り上がれました!

映画が終わったら観客の大勢が「アンコール!アンコール!」って連呼してました。なんか出てきそうな雰囲気だなーと・・・っていやそれでアンコールあったらびっくりするわww

普通映画が終わったらもちろんシアターから出て帰るのが当然なんですけど、今回は違いましたね。上映終了後シアターが明るくなって観客のある方が「それでは皆さん、お手を拝借」と、みんなで手締めをしました。シアターのみんなで楽しめてすっごいスッキリしました。

ぜひまたやってほしい

個人的な話ですけどやっぱ初心者にはなかなかついていけるノリではなかったです。でも次またスペシャルステージ上映あれば絶対行って盛り上がりたいと思いました。もちろんサイリウムも買って。

映画であの感覚を味わったのはもちろん初めてです。ライブ感が出てるのは通常上映には無い特別な要素だと思いました。ちなみに作品のストーリーをしっかり把握したい1回目鑑賞の方には向いてないです。またあればの話ですけど1回通常上映回見てからスペシャルステージ上映回見るのがベストです。

他にも書きたいこといっぱいあったんだけど疲れて忘れました。また思い出したらさりげなく追記しておきます。

コラム:スペシャルステージ上映に最適なサイリウムの紹介

僕が行った時は3分の2くらいの方がサイリウムを持ってきてました。
片手持ちより両手持ちの方が多い気がしました。
(大阪日本橋(オタロード)の近くのシアターということもあり熱狂的ファンが多かった方です)

ほとんどの方はμ’s9人に対応した色に切り替えることのできるサイリウム(ペンライトという言い方の方が正しいかな...?)を持ってきていました。そこでスペシャルステージ上映に最適なサイリウムを1つ紹介します。まだ持っていない方向けです。

長く使える定番サイリウム「キングブレードX10II」

f:id:esupi7:20160127230539j:plain f:id:esupi7:20160127230551j:plain

(↑) (Amazon商品ページより引用)

サイリウムでは圧倒的な人気を誇ります。キングブレードの特別仕様としてラブライブレードというラブライブ!用のものもありますが、持ってない方にはラブライブレードの効果もカバーしているコチラを購入するのをオススメします。ラブライブイベントではシャイニングが圧倒的です。
(スペシャルステージでは半分くらいがキングブレードX10IIでした、多分。)

※イベントによってはキングブレードX10IIのような乾電池式のサイリウムが禁止されていることがあります。スペシャルステージ上映では問題なく使用できます。

Amazonや(7月27日現在2808円)、アニメイト(大阪日本橋では売ってました)などで購入できます。

また、化学反応を利用して短時間使えるケミカルライトがあります。コチラは単色ですが、経済的に優しいです。少数ですが持ってきてる方はいました。
他にも色んなサイリウムがありますが、最適なものを1つだけピックアップしてみました。ご参考にどうぞ。

普通に映画の感想

2回目でもやっぱ感動したんですけど、EDの演出すごいですよね。グッときます。脱ぎ捨てられた練習着、誰も拾わない羽。まああれがμ’sの最高の終わり方に違いなかったとは思いますが…。あと、女性シンガーの正体も想像していくと感動します。やっぱ未来の穂乃果だと思いますねぇー…。

最近ラブライブの次期グループ?のグループ名が「Aqours」に決まったみたいですね。コチラもこれから応援していきたいです。

おまけ

1回目、2回目分の収穫。ラブライブ!というアニメにハマって約1ヶ月、初めてアニメグッズというものを買ってしまいました。

f:id:esupi7:20160127230922j:plain

(↑) ラブライバー歴1ヶ月、これまで集めたグッズなど...

ココまで急速にハマったアニメも今までありませんでした。これからどこまでハマっていくのやら。

 

今度7月中旬にある舞台挨拶の抽選申し込んでるんですけど是非当たって欲しいです。
→当たって行ってきました。とても楽しかったです(小並感)

 

終わり