読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EspLog

アニメ、鉄道、ゲーム、コンピューターなどサブカルチャー系を綴る個人ブログ。マイペースにやっております。

名古屋を5時間スピード観光!【青春18きっぷ周遊録 名古屋編'16春 vol.3】

3月5日、青春18きっぷ1回目、名古屋方面です。

ついに名古屋に到着!今回は名古屋市街地散策がメインです。

f:id:esupi7:20160309125302p:plain

(↑) 当シリーズキービジュアル

以下リンクの記事にて当ブログのシリーズ「青春18きっぷ周遊録」についての詳細を掲載しています。はじめての方は是非ご覧ください。

blog.esupi.jp

また、vol.1では今回の旅のルートや目的など掲載しています。

名古屋駅

12:35 名古屋駅 == 5時間ほど滞在

ココまで遅れなど全く無く順調にメイン目的駅の名古屋駅に到着しました。今シーズンの18きっぷ利用用途は乗り潰しなど観光より鉄道中心のため、まずは駅をしばらく散策します。

天気はかろうじて晴れていると言える程度です。写真は13番ホームで撮影したもので、左の方のホームは新幹線用です。名古屋駅は在来線が1~13番、新幹線が14~17番とホームがある大ターミナル駅です。

f:id:esupi7:20160318105122j:plain

(↑) 名古屋駅13番ホーム

名古屋駅ホームですぐ目についたのがこれ。乗車口LED電光掲示板とでも言ったらいいのでしょうか。写真中央上方奥にあるやつです。乗車位置の上にそれぞれ設置されています。時間の確認もしやすく、乗車位置も把握できるとても便利なものと感じました。カラーも豊富で英語対応もしています。大阪駅には無いのですが、是非設置して欲しいです。

f:id:esupi7:20160318110329j:plain

(↑) 乗車口LED電光掲示板(中央上方奥)

上の写真右端に写ってますが、あとであおなみ線という鉄道を使ってリニア・鉄道館に行く予定です。コチラは後ほど紹介します。

あとは適当にホームで撮影した電車を紹介します。

コチラは快速みえ鳥羽行。キハ75形気動車、2両編成です。こういうデザインもなかなかいいですね。

f:id:esupi7:20160318111527j:plain

(↑) 12番ホーム停車中の快速みえ

ちなみに僕が先ほど亀山から名古屋まで乗ってきた快速とはルートが全然違います。

www.isetetu.co.jp

上記リンクページの説明の通り、快速みえは亀山を経由しません。じゃあどうやって鳥羽から名古屋へ行くのかというと、伊勢鉄道という第3セクター路線を使用してショートカットするという変わった方法を使います。亀山に寄らず四日市から直接津に行くことで時間短縮を図っているみたいです。

なお18きっぷで快速みえを利用するときは別途伊勢鉄道区間の乗車券を購入する必要があるみたいです。さらに別途料金を払えば指定席に乗ることもできます。今回僕自身は利用しませんでしたが、皆さんも利用する際はくれぐれも注意してくださいね。

他にも...

f:id:esupi7:20160318114336j:plain f:id:esupi7:20160318114342j:plain

(←↑) 11番ホーム停車中の特急南紀 | (↑→) 8番ホーム停車中の211系

左の写真は特急「南紀」キハ85系気動車です。右の写真は中央本線普通の211系ですかね。もちろんWikipedia先生を参考にしました。

ホームに停車している電車を見回ったところでそろそろ昼食でも食べます。

昼食

やっぱ名古屋に来たからにはきしめんを食べたいですね。名古屋駅の全ホーム(新幹線含む)にある立ち喰いそば&きしめんのお店「名代きしめん 住よし」にて昼食とします。降りたホームは13番でしたが、電車撮影を終えた際は7,8番ホームにいたので、7,8番ホーム店にいきます。ホームによっておいしさが違ったりするのでしょうか。

f:id:esupi7:20160318120217j:plain

(↑) 名代きしめん 名古屋駅7,8番ホーム店

店内はそこそこ混雑していましたが、ピーク時間を少し過ぎてるので並ぶほどではありませんでした。

ということで食券機で購入!玉子入りきしめんを食べます。同じ値段でそばを選ぶこともできるみたいです。

f:id:esupi7:20160318115731j:plain

(↑) 食券をゲット

どんっと

f:id:esupi7:20160318120544j:plain

(↑) 玉子入りきしめん

出てきたのはコチラ。めっちゃおいしそうです。詳しくはわかりませんが、うどんを平たくしたものをきしめんと言うみたいです。

駅構内の店なのでかなりおいしいというレベルまでは期待してませんでしたが、食べてみると本当にそのレベルに達するくらいおいしかったです。あと鰹節が大量に入っていたのは個人的に嬉しかったです。(※食レポは特に苦手なのでコレ以上は勘弁して下さい)

あとから調べて知ったのですが、この店は名古屋では知らない人はいないほど絶賛されている店みたいです。他のホームの店でも食べてみたいですね。また今度東京まで18きっぷで行く時に名古屋で途中下車するので、その際に寄ってみようと思います。

5分で完食。ごちそうさまでした!

==================================================================

さて、そろそろ改札の外に出ようと思います。時間は13時を少し過ぎたところです。

こんなに改札がありますが18きっぷで出れるのは一番左端の有人改札だけです。案の定大混雑...。大ターミナル駅では改札の出入りが不便な18きっぷです。

f:id:esupi7:20160318121641j:plain

(↑) 桜通口(改札内)

f:id:esupi7:20160318121910j:plain

(↑) 桜通口(改札外)

なんとか出れました。JR線桜橋口です。このまままっすぐ進んで一旦外に出ます。

外に出てしばらく歩くと...駅前ロータリーの真ん中に何やらかっこいい(語彙力皆無)謎モニュメントが見えてきました。調べてみたところ「飛翔」という名前みたいです。ちなみにこのモニュメント、再開発による移設が検討されているみたいです。この場所で見れる日もそこまで長くないかもしれませんね。

f:id:esupi7:20160318123017j:plain

(↑) モニュメント「飛翔」

駅全景です。名古屋駅が入ってるこのJRセントラルタワーズは日本一延べ床面積が広いビルと言われています。高さは245.1mと超高層ビルでもあります。ツインタワーを写真に収めたかったのですが、時間の都合上近くで撮ったので見切りています...。

f:id:esupi7:20160318141248j:plain

(↑) 名古屋駅とほぼ見切れたツインタワー

名古屋駅周辺はリニア新幹線が近い将来開業することもあり、さらに再開発が進められています。リニア新幹線が開業する頃には駅周辺がどうなっているか非常に楽しみです。

それでは名古屋駅を離れて、少しだけ市街地をウロウロしていきたいと思います。

地下鉄で行く名古屋市街ミニ散策

あまり滞在時間が無いので、ミニ&クイックに散策していきます。

ということで手に入れたのがコチラ。

f:id:esupi7:20160322135708j:plain

(↑) ドニチエコきっぷ

ドニチエコきっぷという名古屋市営バスおよび地下鉄が1日乗り放題になる乗車券。大阪市営のエンジョイエコカードと同様の600円です。

こんなルートでいきます。ほんとはもう少し遠くに行きたかったのですが、時間都合上栄だけ行ってあとは大回りして戻ってきます。これじゃドニチエコきっぷ買わなくても良かったですね...w

(↑) Googleマイマップで作成。名古屋市営地下鉄ルート。がスタート、がゴール、がメイン目的駅の栄、青線が地下鉄ルートです。

ということでまずは東山線名古屋駅から栄駅へと向かいます。

東山線は名古屋市営地下鉄で一番利用者の多いだけあって大混雑です。栄まで2駅だけですが、結構疲れました...。

f:id:esupi7:20160407135940j:plain

(↑) 東山線名古屋駅停車中の5050形

車体前面をキッチリ収められず...。別の駅でリベンジします。

栄駅到着後トイレに行ったのですが、出てきてスマホの画面を見たらビックリ。なんと圏外になっていました。まさか都心部の駅で対応してないわけないと思いますが...。

ということで栄にやってきました。中央のタワーは名古屋テレビ塔です。

f:id:esupi7:20160322143943j:plain

(↑) 希望の広場から見た名古屋テレビ塔

ほぼ同じ撮影位置で真後ろを向くと「希望の泉」と呼ばれる噴水があります。待ち合わせ場所として利用している方がちらほらいました。

f:id:esupi7:20160322144620j:plain

(↑) 希望の泉

希望の広場からでも見えるところにオアシス21という複合施設があります。やはりなんといっても「水の宇宙船」と呼ばれる大きな屋根。一度行っておきたかったユニークな建造物です。オアシス21周辺は公園となっており、まさに都会のオアシスといえるエリアです。

f:id:esupi7:20160322144842j:plain

(↑) オアシス21

f:id:esupi7:20160322145201j:plain

(↑) 水の宇宙船屋上と名古屋テレビ塔

非常にキレイなエリアでした。

このあとはオアシス21内を適当に散策していましたが、途中であまり時間がないことに気づき、名古屋駅に戻ることに。本当は名古屋城にも行きたかったのですがまた次の機会に...。(ココまで電車と名古屋っぽい写真を撮っただけですね...w)

帰りは名城線を利用します。東山線のホームを通った際に先ほどの5050形ではありませんが、新型車両のN1000系を撮影できました。なかなかスタイリッシュな前面デザインだと思います。

f:id:esupi7:20160322145910j:plain

(↑) 東山線栄駅停車中のN1000系

この後は名城線で上前津駅へ、鶴舞線で丸の内駅へ、桜通線で名古屋駅へと少し大回りして地下鉄計4線を乗ってきました。文章じゃわかりにくいので上の方のマップを見るとわかりやすいと思います。

ちなみに地下鉄に乗ってて思ったのですが、名古屋の方って標準語でも関西弁でもないちょっと独特なイントネーションだなあと。音の高低が微妙にずれていたりと方言って面白いなあと思いました。今度(18きっぷ3,4回目分)、東京へと行く際は乗車客の言葉の変化にも興味を持って注目していきたいと思います。

ということで名古屋駅に帰ってきました。

時間は14:30頃です。少しアニメイトに寄ったり、腹痛に襲われたりと色々したあった後、今度はあおなみ線を使ってリニア鉄道館へ行ってみたいと思います。

あおなみ線とリニア・鉄道館

名古屋に行ったら絶対に行きたいと思っていた「リニア・鉄道館」に行こうと思います。リニア・鉄道館はJR東海が運営しているのですが、なんとJR線では行けません(もともとはJR線の貨物支線でした)。

名古屋駅からリニア・鉄道館最寄り駅の金城ふ頭駅には「あおなみ線」という私鉄を使って南へ下がっていきます。ちなみにあおなみ線というのは愛称で、正式名称は「名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線」とめちゃ長いです。

f:id:esupi7:20160322151748j:plain

(↑) あおなみ線名古屋駅に入線してきた1000形

これまたシンプルなデザインの車両です。あおなみ線は日中は1時間4本で、各駅停車のワンマン列車のみの運行です。また、全区間高架・全駅にホームドア設置と整備の整った路線です。

車内は意外とガラガラ。臨海部を走りますが車窓はいたって普通です。15時過ぎというお昼寝時でもあったので寝てしまいました...。

25分ほどして金城ふ頭駅に到着。金城ふ頭駅は人工島上あります。国際展示場のポートメッセなごやも最寄りの駅です。

f:id:esupi7:20160322153303j:plain

(↑) 金城ふ頭駅ホーム

金城ふ頭駅の全面ガラス張りのフルスクリーンホームドアです。大阪だと南港ポートタウン線の駅で見たことありますが、通常の電車でこのような駅を見たのは初めてで驚きました。

f:id:esupi7:20160322153522j:plain

(↑) 金城ふ頭駅

少し歩くと見えてきました。コチラがリニア・鉄道館です。

f:id:esupi7:20160322153653j:plain

(↑) リニア・鉄道館

リニア・鉄道館の紹介は当シリーズ(18きっぷ周遊録)とは別記事にて投稿しています。コチラも是非ご覧ください。

blog.esupi.jp

<リニア・鉄道館滞在分省略>

2時間近くリニア・鉄道館を満喫したところで帰ります。帰りももちろんあおなみ線です。もう日が暮れかかる時間に。時刻は16:30頃です。

f:id:esupi7:20160322153925j:plain

(↑) リニア・鉄道館敷地内から見た金城ふ頭駅。駅がスグそこです。

帰りはスーツ格好をした大学生らしき方が非常に多かったです。何か就職関係のイベントでもあったのでしょうか?行きは空いていましたが、帰りは名古屋駅に近づくにつれ、どんどん混んできました。リニア・鉄道館では結構アクティブに動いていたのでかなりお疲れモードです。帰りのあおなみ線に乗ってた記憶、ほとんどありません...w

名古屋駅到着時、時刻は17時を回っていました。そろそろ帰る時間です。17:30発の電車に向けて食料購入など準備しておきます。

 

ということで次回青春18きっぷ周遊録vol.5では、東海道本線を使ってダッシュで大阪へ帰っていきます。

【次】

blog.esupi.jp