読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EspLog

アニメ、鉄道、ゲーム、コンピューターなどサブカルチャー系を綴る個人ブログ。マイペースにやっております。

バスの旅も悪くない?明石海峡大橋と四国上陸【青春18きっぷ周遊録 高松編'16春 vol.1】

3月12日、人生で初めての四国へ上陸を目指します。

今回は高松方面!18きっぷ利用2回目分は高松編'16春('16春シーズン記事内では以後高松編)とします。

f:id:esupi7:20160309125302p:plain

(↑) 当シリーズキービジュアル

以下リンクの記事にて当ブログのシリーズ「青春18きっぷ周遊録」についての詳細を掲載しています。はじめての方は是非ご覧ください。

blog.esupi.jp

'16春シーズンの18きっぷ利用予定はコチラの記事にて投稿しています。

今回のルートと目的

ちょっと前回よりレベルアップしたルートになりました。今回のルートはほとんど未乗車区間です。

(↑) Googleマイマップ(作成:esupi)
路線は停車駅(今回乗車した種別)と重要なカーブ部分だけ結んでいるのであまり正確ではありません。路線カラーはJR西日本おでかけネットをもとに、一部オリジナルです。がスタート駅、がゴール駅、電車やバスマークが乗換駅、徒歩マークが一時途中下車駅、旗マークがメイン目的駅です。

スタート駅、ゴール駅ともに大阪駅です。特に理由はなく、ただ大阪駅が好きというだけです。また、今回はワープ手段としてJRバス(非18きっぷ利用区間)を利用します。

目的

メイン目的駅:高松駅

  • 日本が誇る吊り橋を楽しむ
    今回のルートでは明石海峡大橋、大鳴門橋 、瀬戸大橋(10つの橋の総称)と3つの日本が誇る吊り橋を渡ります。素晴らしい海峡の景色を堪能します。
  • 2時間のローカル線旅、高徳線全制覇
    徳島と高松を結ぶJR高徳線を全制覇します。144分、たった一両の電車に揺られて、のんびりとした鉄道旅を楽しみます。
  • 例のうどんを食す
    高松のあるお店ではこんなうどんがあるみたいです。これが大好きの僕は見逃せない。

名古屋編(vol.2~6)では鉄道関連のことばかり考えてて、現地での観光についてほぼノープランだった点を反省しています。今回は鉄道関連に加え、現地での過ごし方もきちんと計画してきました(当たり前ですけどね...)。

それでは出発進行!

大阪駅

大阪 == 6:46 出発

おはようございます。3月12日土曜日、天気は晴れですが、寒い!!前回(1回目分)は逆に春の陽気だったのですが、今回は肌寒い冬に戻りました。普段なら爆睡してるこの時間に大阪駅へやってきました。相変わらず駅前は工事中で見映えが悪いですね...w

f:id:esupi7:20160412214338j:plain

(↑) 大阪駅中央南口

さすがの大阪駅でも、休日早朝の中央南口2Fは誰もいません。

中央南口からエスカレーターをあがって3Fには「連絡橋口」という改札があります。実はこの改札、個人的にお気に入りです。綺麗で開放感があり、そして空いてる。さらには一面ガラス張りの南北連絡橋の内部にあるため、大阪駅のホームを一望できるのもポイントが高いです。

f:id:esupi7:20160412220945j:plain

(↑) 大阪駅改札連絡橋口

改札口にこだわることなって滅多にないですが、大阪駅の改札の中でもずば抜けて素晴らしいので、大回り乗車などの際もあえて利用するぐらいです。個人的に旅の玄関口の代表格です。大阪駅行く度に毎回撮ってるくらい好きです。橋内部の中央が連絡橋口改札です。

f:id:esupi7:20160412221332j:plain

(↑) 大阪駅南北連絡橋

余談は置いといて、18きっぷの旅、今回も始めていきましょう。今シーズン2回目となります。

東海道本線 / 山陽本線 (大阪~舞子)

6:46 大阪 == 快速(米原発,網干行) == 7:32 舞子
所要時間 46分 / 営業キロ 48.2km
※大阪~神戸は東海道本線・神戸~舞子は山陽本線

大阪駅お馴染みのフルカラーLED発車標。僕が乗る電車は2行目です。

f:id:esupi7:20160412223315j:plain

(↑) 連絡橋口フルカラーLED発車標

今回のルートでは大阪~尼崎以外全て未乗車区間です。一気に乗り潰ししていきます。まずは西へと行きます。

f:id:esupi7:20160412225715j:plain

(↑) 大阪駅名標(5,6番ホーム)

快速網干行きがやってきました。色々撮影してたら完全に並び遅れたので開き直って電車の撮影をしてます。ドアが開く直前です。見ての通り多くの人が並んでますが、僕はなんとか最後の方にドア付近に立てました。時間的に舐めてましたが大混雑です。

f:id:esupi7:20160412230720j:plain

(↑) 221系(5番ホーム停車直前)

瀬戸大橋がスグそこの舞子駅まで乗り続けます。45分ほど頑張って耐えます...。ホントは新快速でビュンと行きたいところですが、舞子駅は快速までしか停まらないので仕方ないです。定刻通り6:46発車です。

車内は大混雑ですので勿論ながら写真は一切撮れてませんが、さすがに眠くはなかったのでツイッターしてました。そこからネタでも引っ張ろうと思います。

3月26日より東海道本線に新駅「摩耶(マヤ)駅」が六甲道駅と灘駅の間に誕生しました。その開業前(四国編は3/12の出来事です)に通過した時のツイートです。

f:id:esupi7:20160413000157j:plain

(↑) JR摩耶駅 (Jr223~commonswiki - JR maya north exit.JPG)

もちろん新駅なので綺麗なのは当然ですが、様々なエコ技術を取り入れ、従来の同規模の駅より50%以上も消費電力を減らすこともできるみたいです。電車がブレーキをかける時に発生するエネルギーを電力として利用する技術には驚きました。特に利用する予定があるわけではないですが、そこそこ近くにできた新しいJRの駅なので色々興味を持ってしまいます。

間もなく神戸市街地へと入っていきます。

僕は神戸市在住でも無いので少し疑問に思ったことです。快速だと三ノ宮から4連続で停車するのですが、神戸に疎い僕からすればどれも主要駅ってイメージが強いです。ということで調べてみました。

神戸中心4駅 1日乗車人員ランキング
※Wikipedia参照,2014年度統計,降車客は含まない

1位:三ノ宮駅 - 118,646人
2位:神戸駅 - 68,947人
3位:元町駅 - 47,568人
4位:兵庫駅 - 21,420人

というような結果になりました。

やはり三ノ宮が圧倒的に多いですね。新神戸駅とのアクセスの便利さもあるのでしょうか。駅名的には強そうな兵庫駅は意外にも少ないです。地図で見ましたが以外にも都心部から少し外れてるんですね。

神戸市街地も抜け、さらに西へと向かいます。

須磨~塩屋はホントにスグ横が海でビックリしました。天気もよく大阪湾を見渡せる絶景だったです。混雑してなかったら絶対撮っていました。

とまあ混雑ながらも飽きの無い乗車を楽しみ、間もなく舞子です。全然車窓を撮れなかったのが悔しいですが、またの機会に席を確保して乗車したいところです。

定刻通り7:32、舞子駅に到着しました。

f:id:esupi7:20160413203717j:plain

(↑) 舞子駅名標

舞子駅周辺(明石海峡大橋)

7:32 到着 == 舞子駅(JR),高速舞子(バス)乗換 == 8:10 出発
乗換待ち時間 38分

ココからは一旦18きっぷの利用をやめ、JRバスを使います。バスは舞子駅と直結の高速舞子バスストップから発車するのでさほど乗換に時間がかかるわけではないですが、あえて一本早い電車で到着しました。もちろんその目的は「明石海峡大橋」。舞子駅の頭上は明石海峡大橋なんです。

f:id:esupi7:20160413205110j:plain

(↑) 舞子駅ホームから撮影した明石海峡大橋

明石海峡大橋は世界最長(3911m)の吊り橋としてギネスにも認定され、主塔の高さはあべのハルカスとほぼ同じである超巨大建造物です。

駅を出て少し歩くともうこんな景色。素晴らしいです!!そして雲一つない最高の天気!久々に絶景というものを見たような気がします。

f:id:esupi7:20160413214949j:plain

(↑) 明石海峡大橋

アンカレイジと呼ばれる巨大なコンクリートの塊。吊り橋のケーブルを固定させる非常に重要な役割をしています。近くで見るとなかなか圧倒されます。

f:id:esupi7:20160413215323j:plain

(↑) 明石海峡大橋 本州側アンカレイジ

真下から橋を撮影してみました。実際に歩いていってみないとなかなか見ることのできないポイントです。いったいどんな構造なのかわかりませんが、ただただすごいと感じるのみです。

f:id:esupi7:20160413215702j:plain

(↑) 真下からの明石海峡大橋(本州側より)

さてこれから明石海峡大橋を実際に渡り、淡路島を横断していきます。さらに大鳴門橋を渡って四国に上陸し、バスの最終目的地は徳島駅です。

JRバスというJRの子会社が運行するバスですが、18きっぷを利用することはできません。別料金(2400円)を払うことになります。そこまで予算のない18きっぷ旅ですが、バスを利用する理由は2つあります。

1つは徳島と高松を結ぶ高徳線に乗るためです。今シーズンの18きっぷ利用予定のほとんどが主要路線ばっかですが、たまにはローカル線にも乗ってみたいと思い行程に組み込みました。もう1つの理由は2つの大橋を渡るためです。淡路島を横断する形で四国に向かうので、明石海峡大橋と大鳴門橋といった大橋を渡っていきます。実はというと橋好きでもありまして、電車に乗っている時も橋を渡るときは特にワクワクします。

後者の理由を妥協して南海フェリー(和歌山港~徳島港)でいくのもアリかと考えていましたが、徳島駅での電車の時間に合わせづらかったので、淡路島をバスで横断することになったのです。

阿波エクスプレス(JRバス) (高速舞子~徳島駅)

8:10 高速舞子 == 阿波エクスプレス神戸号(新神戸駅発,徳島駅行) == 9:33 徳島駅

いったん電車から離れてバスの旅となります。淡路島を横断し、四国に上陸、そして徳島駅へと向かいます。四国上陸は人生初です。

高速舞子バスストップからの発車です。名前の通り高速上にあるバス停です。バス専用レーンがありココから乗ることがあります。進行方向のスグ先は明石海峡大橋です。

f:id:esupi7:20160413222319j:plain

(↑) 高速舞子バスストップにやってきたバス(阿波エクスプレス)

どんな絶景が見れるのかと期待しつつ予約していた窓側の席へ。ほぼ定刻通り発車です。

発車するとスグこの絶k・・・ってああああボヤけてるじゃん!それも一枚しか撮影できてないという大失態(あとから気付きました)。空の青と海の青が地平線で区切られているのがよくわかります。ボヤケててもいかに絶景であったか分かる写真です。いくら言おうとこの写真は絶景ではありませんが...悔しい。

f:id:esupi7:20160413222959j:plain

(↑) 明石海峡大橋走行中の西側車窓

淡路島上陸後の車窓はいたって普通ですが、たまに海が映るとテンションがあがります。何回も言ってますがホントに快晴で良かったです。

f:id:esupi7:20160413223640j:plain

(↑) 室津PA付近西側車窓

うとうとしているうちに気づけば淡路島を横断し切ろうとしていました。淡路島と四国を結ぶ大鳴門橋が見えてきました。明石海峡大橋ではまともに撮影できなかったのでリベンジです。

f:id:esupi7:20160413223925j:plain

(↑) 淡路島南PA付近斜め前方(南西)車窓

明石海峡大橋より10年早く完成している橋でもあるためガードレールの汚さが目立ちますが、地平線がハッキリ確認できる素晴らしい景色です。渦潮をハッキリ確認できなかったのが惜しいです。

f:id:esupi7:20160413224405j:plain

(↑) 大鳴門橋走行中の西側車窓

そしてついに人生初の四国上陸、徳島県にやってきました。バスは高速をおり、徳島市街地へと向かいます。左に指(?)映っちゃってます。

f:id:esupi7:20160413224710j:plain

(↑) 鳴門JCT手前斜め前方車窓

ということで1時間ほどあっという間でしたが、徳島駅に到着しました!定刻より少し早く着いたので、少しゆとりを持てる時間が増えました。

f:id:esupi7:20160413225100j:plain

(↑) 徳島駅前バスターミナル

50分近く時間があるので適当に徳島駅周辺をブラブラしていきます。続きは次回です。

 

 ==================================================================

さて次回、18きっぷ周遊録vol.7では、徳島駅周辺散歩と高松まで結ぶ高徳線の旅を掲載。のんびりとしたローカル線の旅をお送りします。

【次】

blog.esupi.jp