EspLog

アニメ、鉄道、ゲーム、コンピューターなどサブカルチャー系を綴る個人ブログ。マイペースにやっております。

シリーズ『聖地めぐりたび!』 ごあんない

コチラのページは当ブログのシリーズ記事『聖地めぐりたび!』の総合案内ページです。シリーズの紹介、シリーズに該当する記事をまとめています。記事ではなく、固定ページのため、特にお知らせすることなく、随時更新されます。

『聖地めぐりたび!』とは?

一言でいえば「esupiの聖地巡礼記録」です。

昨年の流行語にも選ばれた「聖地巡礼」というキーワードですが、簡単に言えばアニメで登場したシーンのモデルとなった場所を訪れることです。割と昔からあるアニメの楽しみ方の1つですが、昨年公開の映画「君の名は」の影響で多くの方に浸透しました。

旅行やアニメを好物とする僕が今までなぜこのような記事を投稿してなかったのかはわかりませんが、「聖地巡礼」は間違いなく僕みたいなオタクにピッタリの休日の最高峰の過ごし方なんじゃないかと思ってます。当記事シリーズがきっかけで聖地巡礼に興味を持ってくれる方が少しでも増えればと期待しています。

【重要】アニメ画像との比較について

当記事シリーズでは該当するシーンとの比較のためにアニメ画像を掲載しません。これは当ブログの画像引用に関する方針に依り、および当記事シリーズは「旅行記」としての性質を強く持っているためです。

画像引用に関する方針は以下をご覧ください。

blog.esupi.jp

他サイトにおいては、あるシーンを比較する際に実際に撮影した画像とそれに対応したアニメのシーンの画像を比較するといった構成がよく見られますが、私としてはこれが引用の条件である「主従関係が明確」という点で適切でないという考えを持っています。アニメ画像を掲載すればその記事においては比較がメインとなってしまうため、アニメ画像が「主」となってしまうのではないか、とこのように考えている次第です。

もう1つの理由としては『旅行記』としての性質が強いという点です。「アニメ聖地である」ということはその場所を訪れたきっかけに過ぎず、当シリーズ記事では聖地以外の部分で発見したことなど積極的に取り入れています。そういうわけで「比較」に重きを置くと記事のバランスが悪くなってしまうと考えています。

以上の理由によりアニメ画像の掲載は控えています。予めご了承願います。

名称

「聖地巡礼」というキーワードを弄った感じです。「聖地」という部分は重要なのでそのまま残したのですが、「巡礼」っていうのは堅苦しい雰囲気を感じたため「巡り旅」と柔らかい表現にし、さらに全部平仮名にしておまけにエクスクラメーションマークも付けてコミカルな感じにしました。しかし記事を作ってるのは野郎であることには変わりないので形だけって感じですw

略称は「聖メタ」でいきましょう。コミカルな感じとはうって変わって「遊戯王」みたいになりました(遊戯王やったことないです)。シリーズの進行具合でこの略称も積極的に使っていこうと思います。

ロゴ

「18きっぷ周遊録」みたいにロゴを作ろうと思っていますが、今は面倒なので後回しにしてます。

記事一覧

当シリーズはアニメごとに以下「ミドルシリーズ」として分けられ、聖地の所在地が広範囲に渡っている場合はさらに訪問機会ごとに「ミニシリーズ」として分けられます。エリア名が入ることが多いですが、訪問機会ごとに分けているだけなのでエリア外の聖地が入ることがあります。ちなみに単に「当シリーズ」といえばそれは「聖地めぐりたび!」そのものを指します。

ラブライブ!サンシャイン!!(1期)

現在投稿中のシリーズ。2017年2,8,9月巡礼。すでにロケ自体は全部終わり鋭意記事化進行中です。なお一部シーンで登場した名古屋駅付近は訪問機会がなかったので、当シリーズには収録せず、2期の方で投稿予定です。

シリーズ構成としては「東京編」「内浦編」「沼津市街編」「淡島編」「梨子誕編」となっています。「梨子誕編」は特殊で地名が入ってませんが沼津市内で行きそびれた聖地を訪問する内容となっています。

年内に全ての記事を投稿するのが理想です。あくまでも理想()。

東京編

blog.esupi.jp

内浦編

2017年11月中投稿予定

沼津市街編

12月上旬投稿予定

淡島編

12月中旬投稿予定

梨子誕編

12月下旬投稿予定

ラブライブ!サンシャイン!!(2期)

投稿予定のシリーズ。巡礼時期、記事化時期はいずれも未定です(~'18年3月予定)。

参考情報

当記事シリーズに関連した情報をいくつかまとめておきます。

聖地訪問の際の注意!

細かな注意点はたくさんありますが、抽象的に。

「お邪魔している」という意識を持つことが重要です。

聖地がある地域住民に迷惑をかけることは絶対にあってはなりません。その場所において物事が優先されるのはそこに住んでいる方々です。たくさん人が来るようになって嬉しいという人もいれば、思わぬ形で注目されて嫌に感じている方々も実際います。そういう人たちもいるということを意識することが大切だと僕は思います。大きなトラブルに発展しないよう、お互い気持ちよく聖地巡礼を楽しみましょう。

アプリ「舞台めぐり」とは?

当記事シリーズで活用しているスマホアプリを紹介します。舞台めぐりにあるアニメタイトルについては基本的にアプリ内で掲載されている聖地(チェックインスポット)に沿って巡礼していきます。舞台めぐりに無いタイトルについてはesupiが聖地をいくつかに絞って巡礼していきます。いずれにしろアニメで登場したシーンを完全に網羅することはなく、できる限りコンパクトに聖地巡礼をする方針です。

ソニー企業株式会社さんの「舞台めぐり」というアプリです。iOS,Android共に対応しています。

舞台めぐり~アニメ聖地巡礼アプリ~

舞台めぐり~アニメ聖地巡礼アプリ~

  • Sony Enterprise Co.,Ltd.
  • 旅行
  • 無料

ガルパンやラブライブ!サンシャインなど様々なアニメタイトルがあり、アニメで登場したシーンのモデルとなった場所が地図に表示されることで聖地巡礼をアシストするというアプリです。

各ポイントはスポットと呼び、GPSによってスポットに近づくとチェックインすることができます。このようにして各スポットを制覇していき、その制覇率がパーセンテージで示されることにより巡礼の進捗がわかるようになっています。

詳しくは以下ページを見たほうが早いかもしれませんw

www.butaimeguri.com

上記ページで紹介の通り、他にもAR(拡張現実)によってアニメキャラクターと一緒に撮影したりすることもできます。さらには各アニメタイトルごとに様々な期間限定イベントが展開されていて飽きずに楽しむことができ非常にオススメです。めちゃくちゃ推してますが、決してソニーの回し者ではないですw

最新情報はスタッフブログもチェックしておくといいでしょう。

舞台めぐり運営Blog

ナンバリングおよび記事タイトル

シリーズ構造は大見出し「記事一覧」で述べたように「シリーズ」→「ミドルシリーズ」→「ミニシリーズ」と細かく分類されます。この名称は仮なので今後変わるかもしれません。

以下、記事タイトルの一例を挙げます。

【聖地めぐりたび!】ラブライブ!サンシャイン!!(1期) 東京編

タイトル構造は次の通りです。

【聖地めぐりたび!】<ミドルシリーズ名> <ミニシリーズ名> <ミニシリーズ番号>

ミドルシリーズ名とはつまりアニメタイトルになります。2期など複数シーズンのあるものについても一緒にすることはなく完全に分類されます(例:アニメタイトル(X期))。

ミニシリーズ名は聖地の所在が広範囲に渡っている時に聖地巡礼機会を何回かに分けたときに分類するもので、要するにエリア名になります(例えば東京と大阪に分散して聖地があれば、東京編、大阪編となります)。たまにエリア名でないものが入ることもあります。

ミニシリーズ番号についてはあるものとないものがあります。番号はミニシリーズ内に限るもので、例えば東京編の記事が1つで完結する場合はミニシリーズ番号自体ありません。一方大阪編の記事が2つになる場合は「vol.1」「vol.2」とつけることになってます。