EspLog

アニメ,鉄道,アウトドアを中心にesupiが綴る個人ブログ。マイペースにやっております。

【ゆるっ登山(7) 函館山】歩いて登って楽しむ100万ドルの夜景!

vol.1の高尾山から始まりvol.6では日本最高峰の富士山まで数々の山に登ってきた『ゆるっの2018年シーズン。富士登頂をもって2018年シーズンは終了すると話してましたが、実はその後9月、もう1つだけ登ってきた山があります! それは北海道函館市にある「函館山」です!

f:id:esupi7:20190103190544j:plain

当記事サムネイル (該当写真に※印)

本当は別シリーズで取り上げようと思ってたのですが、シーズン番外編ということで当シリーズでも記事にしようと思います。「ゆるっ登山」としながらもゆるくない登山模様をお送りしてきた当シリーズですが、今回はゆる~くお届けできそうです!お楽しみください。

続きを読む

2019年 あけましておめでとうございます

遅くなりましたが...
皆様、あけましておめでとうございます。

どうぞ2019年も、EspLogを宜しくお願いします。

f:id:esupi7:20190106012147j:plain

当記事サムネイル

おはこんばんにちは。EspLogを運営していますesupiです。昨年はEspLogをご覧いただきありがとうございました。平成最後の年となりました2019年も変わらずブログは続けてまいります。引き続きお楽しみいただければと思います。

固い挨拶はここまでにして、当記事では2017年の新年挨拶記事(2018年はなぜか投稿してなかった)と同じように「EspLogのこれまで」「これからのEspLog」について綴っていきます。

続きを読む

登山より過酷!? 剣ヶ峰から滑って滑って1500m下へ「富士山」下山編【ゆるっ登山】

シリーズ『ゆるっのvol.6では、8月28,29日に「富士山」に登ってきた記録を投稿中! 当記事はvol.6のPart.3である「下山編」です。vol.6は3本の記事に分けて投稿しています。

f:id:esupi7:20181223193742j:plain

当記事サムネイル (該当写真に※印)

当記事をご覧になる前に是非「登山一日目編」「登山二日目編」をお楽しみください。

blog.esupi.jp

blog.esupi.jp

下山編では、日本最高峰剣ヶ峰に到達後から登山口の富士スバルライン五合目まで一気の約1500m一気に下っていきます。実はかなり過酷な富士下山...。その苦戦模様を当記事にてまとめました。今回もどうぞ宜しくお願いします。

続きを読む

御来光&日本最高峰剣ヶ峰へ向けて「富士山」登山二日目編【ゆるっ登山】

シリーズ『ゆるっのvol.6では、8月28,29日に「富士山」に登ってきた記録を投稿中! 当記事はvol.6のPart.2である「登山二日目編」です。vol.6は3本の記事に分けて投稿しています。

当記事をご覧になる前に是非「登山一日目編」をお楽しみください。

blog.esupi.jp

登山二日目編では宿泊した七合目の山小屋「鎌岩館」で御来光を見てから、いよいよ日本最高峰の剣ヶ峰を目指して登頂アタックしていきます!

f:id:esupi7:20181218185351j:plain

当記事サムネイル (該当写真に※印)

標高3000m級からの素晴らしい景色を始め、富士登山の過酷具合までたっぷり写真を交えて登山模様を書いていきます。今回もどうぞ宜しくお願いします。

続きを読む

観光も自然も山小屋も魅力たっぷり!「富士山」登山一日目編【ゆるっ登山】

5月に高尾山に登ってみてから登山の楽しさを知り、大山, 塔ノ岳, 金時山, 宝永山と数々の山にチャレンジしてきた2018年。その締めくくりとして2018年の最後に挑戦した山は誰もが知る日本最高峰「富士山」です! 間もなく閉山という8月28,29日1泊2日で無事登頂してきました。

記事投稿まで約4ヶ月も経ってしまい申し訳ございません。大変おまたせしました、シリーズ『ゆるっ、2018年シーズン最終回は2日間の富士山登山録を3本の記事に分けてお送りしていきます。

f:id:esupi7:20181110234838j:plain

当記事サムネイル (該当画像に※印)

その1本目は当記事「登山一日目編」となり、残り2本は「登山二日目編」「下山編」と順次投稿していく予定です。

他の山では味わうことのできない富士山ならではの雄大な自然登頂時の達成感など、様々な楽しさをたっぷりとお伝えできたらと思っています。なお今回は「吉田ルート」という富士登山でもっともメジャーなルートで登ってきました。ゆる~く登山の楽しさを率直に発信していくのが当記事シリーズの一番の目的ではありますが、今後このルートで登山を考えている方に向けて、参考となるような記事にもなればと思っています。どうぞ宜しくお願いします。

続きを読む