EspLog

アニメ,鉄道,アウトドアを中心にesupiが綴る個人ブログ。マイペースにやっております。

【聖地めぐりたび!】ラブライブ!サンシャイン!!(1期) 梨子誕編 Part.2

シリーズ『聖地めぐりたび!』「ラブライブ!サンシャイン!!(1期)」の記事は残り2本となりました。

今回は第5弾「梨子誕編」Part.2! 最終章の「梨子誕編」は3本立てでお送りしております。

初の泊まりでの聖地巡礼をしている今回、Part.1では1日目夜から2日目午前中まで、げんこつハンバーグを食べに行ったり、レンタサイクルで島郷海水浴場に行ったりしてきました。

さて、Part.2では淡島編に続き再び駿豆線に乗車。そして内浦へバスで移動し、「伊豆・三津シーパラダイス」に行きます。その途中までPart.2で取り上げていきます。

※あくまでも1期の聖地巡礼ということで2期の内容は取り上げませんが、ナンバリングシングルなど別媒体の内容(今回でいえばシーパラの2ndシングルPV聖地)については取り上げていきます

是非当記事を読む前にPart.1の方もご覧ください。

blog.esupi.jp

なお当記事の内容は「2017年9月19日」時点となっています。現在の状況と異なる点があるかもしれません。当シリーズではわかる限り現在と違う点については説明しますので宜しくお願いします。

当シリーズ全体の詳細は以下ページをチェック。初めての方は是非ご覧ください。なお当ブログではアニメ画像との比較は行ってません。その詳細についても以下ページをご覧ください。

blog.esupi.jp

それではPart.2スタート! 三島駅に到着したところから続きが始まります。

【駿豆線】梨子ちゃんヘッドマーク車で乗り潰し

正午を過ぎる手前、沼津駅を後にし隣の三島駅に来ました。昨夜はさわやかに行くために来ましたが、今回はいつものように駿豆線目的です。

f:id:esupi7:20180712200145j:plain

JR三島駅

これまで駿豆線に乗車する際普通に切符を購入してましたが、今回は「旅助け」という駿豆線の1日乗車券を買ってみました。普段から旅助けは販売されているのですが、'17年9月16日から「HAPPY PARTY TARIN」旅助けというラブライブサンシャインとコラボしたものが発売したということで! オリジナルアクリルバッチとセットで1200円での販売です。梨子ちゃんの誕生日「9月19日」のスタンプが押された旅助けを無事ゲット!

f:id:esupi7:20180719070516j:plain

駿豆線1日乗車券「HAPPY PARTY TRAIN 旅助け」

この旅助けは今年3月31日をもって販売を終了しましたが、4月1日より新しいデザインの第2弾「HAPPY PARTY TRAIN 旅助け」が発売されています。コチラもアクリルバッジとのセットで1200円です。なお伊豆長岡~三島では往復640円なので元は取れません。しかし修善寺まで行って駿豆線を乗り潰したり、途中何回か下車するつもりの方には強くお勧めしたいです。

www.izuhakone.co.jp

有人改札を通って三島駅へ。手にとって見れば悩むまでもないですが、旅助けは18きっぷとかと同じように自動改札機には通せません! 無理やり入れようとして改札機を破壊しないように。

ホームにはすでに例のラッピング車、「HAPPY PARTY TRAIN」が来ていました。先日('17年9月8日)訪問した際に拝見したばっかりですが、何回見ても胸が躍ります。

f:id:esupi7:20180719173750j:plain

HAPPY PARTY TRAIN (駿豆線3506編成) (三島駅9番ホーム)

メンバーの誕生日に合わせてヘッドマークが通常のもの(旅助けの付属バッチ参照)からバースデー仕様に変わります。この日は上り(三島)方向が梨子ちゃん、下り(修善寺)方向がルビィちゃんバースデーヘッドマークになっていました! その片方、梨子ちゃんのヘッドマークを拡大してみるとこんな感じ。外側には誕生日とハッピーバースデーの文字、その内にはHPT衣装の梨子ちゃんイラストが配置されています。

f:id:esupi7:20180719070527j:plain

「桜内梨子」バースデーヘッドマーク

ルビィちゃんのヘッドマークが掛けられた下り方向先頭車両はコチラ。中の人(降旗さん)が写ルンです大好きということで写ルンですで撮影してみました。あとになって撮影する場所間違えたな(目の前にミラーの柱が写る)と後悔しています...w

f:id:esupi7:20180719070537j:plain

HAPPY PARTY TRAIN ラッピング車 <写ルンです>

それでは淡島編Part.2では簡単にしか紹介できなかった車内の様子を今回詳しく紹介していこうと思います。平日の昼間ということで車内はガラガラ。ほんとに誰もいないので発車するまでの間好きなように撮影できました。

まずは中吊り広告。最後尾から先頭に向かって車内を歩いてみましたが、中吊り広告はすべてAqoursちゃんが独占しています。窓上の広告も一部除いてAqoursという。広告のイラストはラッピングと同じものです。

f:id:esupi7:20180719070532j:plain f:id:esupi7:20180719173755j:plain

ラッピング車内 中吊り広告 | 窓上広告

ドア開閉注意喚起のステッカーも梨子ちゃん、さらにドア窓下には梨子ちゃんのキャラクターアイコンステッカーとラブライブ尽くし。梨子ちゃんに限らず、各メンバーにおいてこのような装飾がされてます。

f:id:esupi7:20180719173801j:plain f:id:esupi7:20180719070604j:plain

ドア開閉注意喚起ステッカー | キャラアイコンのドアステッカー

それでは出発です。いつもは伊豆長岡駅までですが、今回は終点の修善寺駅まで乗り潰していきますよ~。鉄オタらしく前面展望に張り付きます。自分でもなぜかはわからないんですけど、単線の前面展望って複線とかより好きなんですよね。

f:id:esupi7:20180719070610j:plain

無名踏切付近(韮山ー伊豆長岡) 前面展望

伊豆長岡駅でラブライバーらしき方が続々と降りていきます。しかし僕は引き続き乗車。そして長岡から4駅で終点の修善寺駅に到着です。修善寺駅周辺は伊豆市の中心部となっています。

f:id:esupi7:20180719070615j:plain f:id:esupi7:20180719070621j:plain

修善寺駅 到着直前 前面展望 | 修善寺駅名標

修善寺駅構内にてルビィちゃんを発見しました。今年3月31日まで駿豆線ではデジタルスタンプラリーというものが開催されていて、駿豆線の9駅にAqours9人が散らばっていました。ここ修善寺駅はルビィちゃん担当というわけです。デジタルスタンプラリーは当記事シリーズの「聖地めぐりたび」でも非常にお世話になっている「舞台めぐり」といアプリで参加することができました。

f:id:esupi7:20180719070631j:plain

デジタルスタンプラリーポイント (ルビィちゃん)

ルビィちゃんの近くには「修善寺まきの」というキャラクターもいました。「鉄道むすめ」というキャラコンテンツがあって、修善寺まきのちゃんは駿豆線のキャラクターというわけです。なんか見たことある絵柄だなと思って調べてみると、その絵師さんがラブライブでもお馴染みの伊能津さんでした。

f:id:esupi7:20180719070641j:plain

修善寺まきのちゃん スタンディー

鉄オタの僕は全国各地の鉄道を乗り潰しているわけですが、これで駿豆線は制覇ですね。では伊豆長岡駅へ引き返したいと思います。帰りの電車はラッピングではなく普通の車両で。向かいの窓からようりこちゃんが見えるところに座って発車を待ちます。

f:id:esupi7:20180719070647j:plain

ラッピング車に隣接して停車している電車内より

そんなわけで伊豆長岡駅にやってきました。伊豆長岡駅のデジタルスタンプラリー担当は千歌ちゃんです。寄せ書き黒板の近くにいました。その寄せ書き黒板には梨子ちゃんの誕生日ということで、お祝いメッセージやイラストが多く寄せられてました。

f:id:esupi7:20180719070652j:plain

伊豆長岡駅 コラボ黒板付近

ここからバスで内浦へ! 伊豆長岡駅から内浦にバスで行くのは第2弾「内浦編」以来ですね。あれからこの第5弾まで色んなところに聖地巡礼に行ったわけで、その記憶が蘇ってきます。

【内浦三津】キッチンカーは大盛り上がり

それではバスに乗車します。9月の平日で中途半端な時間帯だったので車内は混雑なく快適です。さて、今回内浦へ行く一番の目的は未だ行けてない「伊豆・三津シーパラダイス」です。

f:id:esupi7:20180719070657j:plain

伊豆箱根バス車内 (伊豆長岡駅停車中)

バスの終点である「シーパラダイス」停留所の一歩手前の「シーパラダイス駐車場」という停留所で降りました。三津セブンのすぐ近くになります。

f:id:esupi7:20180719070703j:plain

シーパラダイス駐車場停留所

みとしーに直行しても良かったのですが、その前に三津地区の様子が気になったのでここから歩いていくことにします。まずは少し戻って和洋菓子屋の「松月」へ。アニメでは何回も登場した立派な聖地です。この日は火曜日でいつもなら定休日なんですが、梨子ちゃんの誕生日ということで特別に休まず営業されてました。態々ここまでしてくれるなんて本当に嬉しいですね。店先の営業カレンダーを見てみると定休日だけでなく、梨子ちゃんとルビィちゃんの誕生日も書かれていて、Aqoursメンバーの誕生日をお大事になさっていることがよくわかります。このような対応に一ファンとして感謝の気持ちでいっぱいです。

f:id:esupi7:20180719070709j:plain f:id:esupi7:20180719070728j:plain

松月 | 営業カレンダー

あまりにも混雑していたので店内見学だけしました。ファン持ち込みのグッズやイラストでいっぱいの展示スペースを楽しみました。

その後はみとしーへ向かうように県道17号線を歩いていきます。少しして在るのが千歌ちゃんの自宅のモデルとなった安田屋旅館さんです。ここには松月以上に沢山の人がいました。

f:id:esupi7:20180719070733j:plain

安田屋旅館

というのも安田屋旅館の前に浦の星女学院キッチンカーが来ていたのです。

f:id:esupi7:20180719070751j:plain

浦の星女学院 キッチンカー (安田屋旅館前)

キッチンカーではカー限定コラボドリンクや各種グッズが販売されています。そして誕生日には期間限定ドリンクを販売、特典に限定プロマイドを貰えます。よってこの混雑ぶりです...。

cs-plus.co.jp

キッチンカーのいる場所は毎日違うので、行くつもりなら先に公式ツイッターをチェックしておきましょう!

twitter.com

キッチンカーに立てかけるようにバースデーパネルの展示もされていました。この梨子ちゃん、都会のお姉さんって感じでめっっっっちゃ好きです。スカートの柄が梨子ちゃんによく合ってて良いですね。特典ブロマイドの絵柄はこのパネルのものになります。

f:id:esupi7:20180719070739j:plain

梨子ちゃんバースデーパネル

多くの梨子ちゃん推しラブライバーがこのキッチンカーに列を作って並んでました。僕も限定ドリンクを購入したかったのですが、あまりに混雑してたのでみとしーの帰りに空いてたら寄ろうと思います。

とりあえず内浦に来た一番の目的地である「伊豆・三津シーパラダイス」に行きます!

【伊豆・三津シーパラダイス】深海魚から陸の動物まで

長浜地区にある「伊豆・三津シーパラダイス」(通称:みとしー)にやってきました。三津って名前に入っていながら所在地は長浜になっています。伊豆箱根鉄道が運営する水族館で、内浦を代表する施設です。

1930年に前身となる「中之島水族館」が開業し、今では現存する水族館の中で2番目に古いものとなっています。そのため施設の老朽化が進んでましたが、2016年7月にリニューアルオープンしました。今回はリニューアルから約1年経っての訪問となります。ちなみに日本一古い水族館は富山県にある魚津水族館なんだとか。

www.izuhakone.co.jp

入場料金は現在では大人2200円となってますが、僕のように学生の方は毎年夏休みになると学割プランというもので安く入ることができます(今年はまだどうなるかわかりません)。学生証を見せたらなんと800円OFFの1400円で入場券を買えました!

f:id:esupi7:20180719080538j:plain f:id:esupi7:20180719080543j:plain

伊豆・三津シーパラダイス | 入場券・パンフレット

さて中へ入っていきます。これから聖地として紹介していく所はすべて2ndシングル「恋になりたいAQUARIUM」のアニメーションPVに登場します。紹介するとき以下動画の「何分何秒」のシーン/カットという形で紹介していくので動画と一緒にご覧ください。


Aqours 2ndSingle 「恋になりたいAQUARIUM」Full

まずは館内の展示から。最初に出迎えてくれるのはセイウチさん。みとしーのマスコットキャラクターである「うちっちー」がセイウチをイメージしたキャラクターということで、このセイウチ水槽はみとしーを代表する展示となっています。大きな体を持ちながらもすーっと泳いでいくその姿には何か魅了されるものがあります。時々水面を叩きつけるようにものすごい勢いで飛び出る動きは迫力満点ですw

なおPVではこの水槽を前にAqours全員が並ぶカットが4分54秒で登場。

f:id:esupi7:20180719080548j:plain f:id:esupi7:20180719080555j:plain

セイウチ

続いてセイウチの隣の部屋に行きます。ここは「イズリバ」というエリアで、駿河湾に注ぐ川に生息する淡水魚などの生き物を観察できます。この場所はPVでは2分33秒で1年生3人が集まるカットで登場しています。しかしPVと随分周りの様子が異なりませんか? PVでは駿河湾の形をしたゲートの手前の大きな水槽がありますが、実際には(下の写真では)自然環境を再現した展示が設けられてますね。というのもイズリバは2ndシングル発売後の'17年7月15日に誕生したばかりの新しいエリアなんです。

f:id:esupi7:20180719080600j:plain f:id:esupi7:20180719080607j:plain

イズリバ

そしてコチラはクラゲ万華鏡水槽! 水槽と鏡に囲まれた空間があり、水槽にはたくさんのミズクラゲがふわふわと泳いでいます。照明の色が少しずつ変化していくのですが、それによってクラゲの色も変化していくのがとても幻想的でした。この場所はPVでは2分46秒にて曜ちゃんが何か思い悩むシーンで登場しています。PVでも確かにクラゲの色が変化していますね。

f:id:esupi7:20180719080715j:plain f:id:esupi7:20180719080720j:plain

クラゲ万華鏡水槽

あとは聖地巡礼を忘れて普通に水族館を楽しんでました。淡島で水族館に夢中になって以来、水族館に少し傾倒しつつある僕です。2つ目の写真はゴンズイというナマズの仲間の魚。鮮やかな色の魚たちによる集団行動は見ていて美しいものですが、実はみんな毒針を持っていて刺されると激痛に襲われるとか...。こんな集団に巻き込まれたら終わりですねw

f:id:esupi7:20180719080725j:plain f:id:esupi7:20180719080730j:plain

駿河湾再発見ゾーン

展示方法がユニークでバラエティに富んでいるのがいいですね。色んな大きさ、形をした水槽に様々な見方で観察できるように展示されていて面白いです。深海生物ゾーン「DON底」では珍しい深海生物が集まっていて見る価値アリです。ちょっと見た目が凄い生き物がいっぱいいるので好き嫌いあると思いますが...w

色々載せたい写真がありますが、水族館メインの記事ではないので割愛。そんな中厳選して掲載することにしたのがウツボちゃんです。見た目深海魚みたいですが、そうではなくDON底より前のエリアのどっかで撮った写真になります。なんて言ったらいいんでしょうね。カワイイというか面白いというか。何かに惹かれてじっと観察していました。

f:id:esupi7:20180719080737j:plain

ウツボ

深海生物ゾーンが終わると出口です。外に出てさっそく出迎えてくれたのは独特な見た目をした深海魚とは打って変わって可愛らしいシロフクロウちゃん。ここは「みとしーの森」というエリアで水辺の陸動物の魅力を感じることができる場所です。

f:id:esupi7:20180719080742j:plain

シロフクロウ

シロフクロウの近くにはコツメカワウソちゃんもいました。ちょうど餌やり中でした。飼育員の方に首を向けておとなしく待つ姿はとてもキュートで癒やされます。これは逢田さんが喜びそう...w 下の写真は透明な板越しに撮ったものですが、よく見ると板に穴が開いてますね。ここから餌をあげることができます。絶妙な高さにあるので立ち上がって必至に餌を求める姿はきっと可愛らしいことでしょう。

f:id:esupi7:20180719080927j:plain

ごはんタイムのコツメカワウソ

みとしーの森を抜けて完全に外に出てきました。伊豆・三津シーパラダイスは海のすぐそばにあり、ここから内浦湾を一望できます。すぐ近くの距離に前行った淡島も見えます。そしてその背後には薄っすらと富士山も! それにしても、いつ来ていつ見ても富士山まともに見えたことないですね。やっぱり空気の澄んだ冬じゃないと見える確率はだいぶ低いようです。

この淡島と富士山が縦に並んだ写真を撮ろうとすると、その近くにはイルカのモニュメントがあります。ここもPVで登場。1分55秒で善子ちゃんが綺麗な富士山バックにキメポーズを取りながら踊るシーンです。善子ちゃんごっこをしたい方は是非ここで。

f:id:esupi7:20180719080944j:plain

イルカモニュメント

これから外にある展示を見ていくわけですが、それはPart.3にて紹介することにします。その前に僕が先ほど通ってきたエントランスや館内展示がある建物を外から見てみましょう。このようにかなり大きいサイズのAqours各メンバーのポスターがガラスパネルに貼られています。以前は恋アクの衣装の通常verだったみたいですが、このときはぬいぐるみ抱っこverに変わっていました。

各キャラクター違った生き物のぬいぐるみを抱っこしています。梨子ちゃんがカワウソなのは中の人に因んでですかねw

f:id:esupi7:20180730180613j:plain

建物の壁に施されたラブライブ!サンシャイン!!ラッピング

逆サイドから見るとこんな感じ。ルビィちゃんの隣にはまるでAqoursメンバーであるかのように混じる「うちっちー」がいました。お前は違うだろw なんかよく見たらサイン書かれてるしw

f:id:esupi7:20180730180605j:plain

ラッピング続き

Part.3で紹介していく外のエリアですが主に2つに分かれてて、イルカショーが開催されるプールがあるエリアと、アシカやオットセイなどが住む自然飼育場があります。その2つのエリアを結ぶところにあるのがこの軽食コーナーです。メニューはスパゲッティが中心ですね。この軽食コーナーには内浦湾を一望できるテラス席があり、ここで魚介系パスタを食べながらのんびり...なんてことができます。実は2期でこの軽食コーナーが登場していますが、今回は1期の聖地紹介なのでまたの機会に...。

f:id:esupi7:20180719081005j:plain

軽食コーナー

この続きは次回Part.3で!

次回予告

次回は「梨子誕編」Part.3

これにて梨子誕編完結。そしてラブライブ!サンシャイン!!(1期)の聖地めぐりたびも完全完結いたします!!!

Part.3では伊豆・三津シーパラダイスの続きを。そして内浦を少しお散歩。三の浦総合案内所に半年ぶりに訪問してきました! 3rdシングルで登場したカットがあったので弁天島にも行ってきました。

投稿は7月31日予定。最後までどうぞ宜しくお願いします。