EspLog

アニメ,鉄道,アウトドアを中心にesupiが綴る個人ブログ。マイペースにやっております。

【聖地巡旅】ラブライブ!サンシャイン!!(2期) 函館編(1) (五稜郭/函館駅他)

紅白、CDTV、劇場版、ファンミとラブライバーとして充実した年末年始を過ごしてました、esupiです。昨年7月以来久々の聖地めぐりたび!の記事です。

さて今回からしばらくは、TVアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!(2期)」聖地巡礼をしていきます。第1弾「函館編」ということで2期8,9話の舞台となった「函館」に2泊3日で行ってきました! 函館編は今回から計4本の記事でお送りしていきます。当記事を読んで聖地巡礼した気分になれるだけでなく、函館観光をした気分にもなれることを目指して、聖地以外の函館の様々な魅力的なスポットも取り上げながら書いていきます。宜しくお願いします。

f:id:esupi7:20190107184547j:plain

当記事サムネイル (該当画像に※印)

総合案内

当シリーズ久々の投稿なので簡単に紹介...。「聖地めぐりたび!」は「聖地巡礼(アニメの舞台となった場所に行くこと)」をテーマとしたEspLogの記事シリーズなんですが、聖地巡礼を扱った他のブログの記事とは少し違うところがあります。それは「比較」がメインではないということです。当シリーズは聖地巡礼をその場所に行く1つのきっかけとして「旅を楽しむこと」を大事にした内容になっております。ゆえに聖地以外の場所も積極的に取り上げていき、その街の魅力をお伝えしていく次第です。当シリーズを初めてご覧になる方は以下ページも見ていただけると当シリーズの全容が明らかになるかと思います!

blog.esupi.jp

前回

梨子ちゃんの誕生日に沼津に行ってお祝いしていきました。

blog.esupi.jp

今回からは「ラブライブ!サンシャイン!!(2期)」

今回から当分の間投稿していくタイトルは「ラブライブ!サンシャイン!!(2期)」。このページに来た方ならきっとご存知かと思いますが、メディアミックス作品「ラブライブ!シリーズ」の続編である「ラブライブ!サンシャイン!!」のTVアニメ2期の内容になっています。2017年秋クールに放送されました。

www.lovelive-anime.jp

2期は1期以上に聖地の範囲が広がり、メイン舞台である沼津だけでなく、東京函館と広い範囲に聖地が点在しています。1期と被ってる聖地は省略しますが、それでも数が多いので、「函館編」「東京編」「内浦編」「414号線編」(...and more)とエリアごとに分けて沢山の記事を投稿していく予定です。1期同様ボリュームたっぷりとなりますので楽しんでもらえると嬉しいです。

ちなみに「聖地めぐりたび!」では去年7月まで1期の聖地巡礼記録を投稿してきました。どうぞコチラもお楽しみください。「東京編」「内浦編」「沼津市街編」「淡島編」「梨子誕編」と計10本の記事を投稿しています。

blog.esupi.jp

[お知らせ] 胆振東部地震被災者の皆様へお見舞い申し上げます

胆振東部地震によりお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りし、また被災された方の1日も早い復興をお祈り申し上げます。函館編は胆振東部地震が発生した5~7日後の函館市内の様子をお送りしています。地震の一報を聞いた時、旅行の中止をギリギリまで検討していました。しかし函館市内は被害が少ないという情報を聞き、それならむしろ北海道に行ってお金を落としてあげたほうが被災地復興のためにも良いのではないかと思い、旅行を決行しました。その点ご理解いただきますようお願い致します。

【プロローグ】函館へテイクオフ!

2018年9月11日、今日から2泊3日の函館旅行がスタート! 函館へは飛行機で行くということで成田空港にやってきています。飛行機の時刻が朝早く、都内の自宅からだと間に合わないので、前日から空港近くのホテルに泊まっていました。10日は昼過ぎに空港に到着して、展望デッキに行って飛行機を眺めたり、鉄オタ的に一度行ってみたかった東成田駅(旧成田空港駅)に行ったりと成田空港を楽しんでました。このあたりのことはまた別記事として投稿する予定です。

泊まったホテルは空港のすぐ横にある東横イン。部屋の窓からは空港全体を見渡すことができ、良い眺めでした。夜は部屋から飛行機の離着陸を見て楽しんでました。鉄道は元から好きなんですが、最近飛行機にも興味を持つようになってきました。

f:id:esupi7:20190107164211j:plain

東横INNから見た成田空港 (朝6時前)

東横インといえば無料朝食で、過去の宿泊では喜んで使ってたのですが、今回は朝食の時間までホテルにいると飛行機に乗り遅れてしまうので断念...。早々とチェックアウトして成田空港の第3ターミナルにやってきました。ジェットスターやバニラエアがメインのLCC専用ターミナルです。

f:id:esupi7:20190107164217j:plain

第3ターミナル

7時50分発のバニラエアで函館へテイクオフ! LCCで函館に行けるのは僕みたいな貧乏な学生にも嬉しい話です。しかしこの成田~函館路線は2019年3月末で廃止することが決定してしまいました...。それだけでなく先月、2019年10月末をもってバニラエア全体が運航を終了するというニュースまで飛び込んできました。よく利用していて気に入っていたLCCなので残念です。

f:id:esupi7:20190107164222j:plain

滑走路

成田では10日から雨が降っていて、11日朝は雨が上がりましたが、上空は厚い雲に覆われてました。雲の中を飛んでいる間は揺れが激しくて辛かったです。

f:id:esupi7:20190107164227j:plain

離陸直後 機窓

離陸から30分後。秋田県の田沢湖付近上空を安定飛行中です。はるか先には男鹿半島が見えますね。天気が悪かったのは関東だけで、東北から北はずっと良い天気でした。飛行機経験はそれなりにありますが、大体いつも夜に乗るので、どこの展望台よりも高い景色にワクワクしてずっと窓にくっついてました(笑) 日本地図で見るような海岸線が実際に見えるほどの高い景色は地理好きにはたまりません。

f:id:esupi7:20190107164231j:plain

田沢湖付近上空 機窓

離陸から約1時間、陸地が一旦途切れ機窓から見えるのは広い海に。本州と北海道の間の津軽海峡です。海上を飛行すること10分弱、ついに函館が見えてきました! 中央やや右の山のてっぺんは函館山の頂上です。アニメではAqoursちゃんも函館へ飛行機で行ってたので、きっと千歌ちゃんとか窓からこの景色を見て、🍊「梨子ちゃんっ、あれみてみて!」と反応してたんじゃないかと...。アニメでそんなシーンはなかったですが勝手に想像していました。

f:id:esupi7:20190107164236j:plain

函館山 (着陸直前 機窓)

函館山の横を過ぎた後、飛行機は高度を落としながら右へ一気にカーブ。ちょうど9時頃、函館空港に着陸しました!  成田ではどんより曇り空でしたが、函館は雲ほとんどない青空が広がってました。この日の函館は最高気温22度でちょうど過ごしやすい気温でした。絶好の行楽日和ですね。

f:id:esupi7:20190107164240j:plain

函館空港

空港ロビーに着いた後、まずは案内所へ向かいました。ここで購入したのがコチラ「函館バス・市電2日乗車券」です! 大人1700円で函館市電(全線)や函館バス(指定区間)が乗り放題という素晴らしい乗車券です。函館旅行には必須といえるアイテムでしょう。聖地巡礼される方には超便利なので購入を強くオススメします!

f:id:esupi7:20190107164246j:plain

函館バス・市電2日乗車券&マップ

www.hakobura.jp

実は2泊3日といっても3日目は朝の飛行機で成田へ戻ってしまうので、実質函館で過ごせるのは2日間なんですよね。だから2日乗車券は僕にとってちょうど良かったのです。函館編はこの2日間を1日目を(1)(2)、2日目を(3)(4)と計4本の記事に分けて投稿していきます。

それでは函館観光&聖地巡礼を楽しんでいきます!

(函館空港は聖地だったのですが到着時は写真撮り忘れたので出発時(函館編(4))にて紹介します)

【五稜郭】魔法陣のような城郭

空港からさっそく2日乗車券の利用を開始し、函館バスに乗車。空港からほど近い湯の川エリアに入り、湯倉神社前停留所にやってきました。湯の川エリアは函館の温泉街として知られる人気観光スポットの1つです。

f:id:esupi7:20190107164312j:plain

湯倉神社前停留所

このバス停のすぐ近くにある湯倉神社は湯の川温泉発祥の地とされています。湯の川温泉は「日本一空港に近い温泉街」としてPRされており、温泉が楽しめる旅館・ホテル・銭湯が集まっているだけでなく、グルメも堪能でき、夏には花火大会が開催されたりもします。

hakodate-yunokawa.jp

日帰り温泉にでも行こうかと計画していたのですが、2日間という短い期間で時間が限られているのと、聖地として登場している場所がないことから優先度が低くなり今回は断念...。少しの時間だけ街の空気を感じながら、函館市電湯の川停留所へ。行く途中に縦型信号機を見かけました。雪が積もって重みで折れてしまわないように縦になっているのです。雪国では当たり前らしいですが、雪が降ったら嬉しい気持ちになるような場所にしか住んだことがない僕にとっては新鮮な光景でした。

ということで湯の川停留所に到着。ちょうど電車が入線してきました。コカコーララッピングの2002号車です。函館市電はほぼ全ての車両が広告車になっていて、公式ホームページで紹介されています。

f:id:esupi7:20190107164318j:plain

湯の川停留所 (2002号車)

www.city.hakodate.hokkaido.jp

湯の川停留所は函館市電の終点。函館市電はここから函館駅方面へと伸びていて、最終的に谷地頭と函館どつく前という2つの停留所へと分岐しています。利用者がどんどん減少しているそうで車内はガラガラ。経営状況もあまり良くないそうで...。しかし観光客にとっては便利な路線です。今回の函館旅行では沢山利用していきます。

市電は函館駅付近まで道道83号線の中央部を走っていきます。湯の川から2つ先の函館アリーナ前停留所のすぐ近くには、去年4月に「HAKODATE UNIT CARNIVAL」が開催された会場の函館アリーナがありました。2期8話でSaint Snowが出場した北海道地区予選が開催された会場は一応函館アリーナをモデルにしているようで、作中にそれらしき会場が登場しますが、外観は全然異なっていました。

しばらくは路面電車独特の揺れに揺られて過ごします。段々と街並みが賑やかになり、車内の人数も増えてきました。沿線が繁華街の様相を見せてきたところで五稜郭公園前停留所に到着! 函館の超有名観光スポット「五稜郭」の最寄り停留所です。ということで函館に来てまず最初に行くスポットは五稜郭です!

f:id:esupi7:20190107164322j:plain

五稜郭公園前停留所

停留所から歩いて10分弱で五稜郭タワーに到着しました。五稜郭に隣接するこの「五稜郭タワー」が2期8話でAqoursちゃんが北海道予選をゲスト参加した後日函館観光にて最初に訪れた観光スポットです。五稜郭といえばやはり「星型の城郭」で、これはタワーからでないと眺めることができません。タワー全体の高さは107m、展望台は90mの高さにあります。実は今のタワーは2代目で、現在アトリウムがある位置に高さ60mの初代タワーが2006年まであったんだとか。

f:id:esupi7:20190107164326j:plain

五稜郭タワー (五稜郭公園より)

それではさっそく展望台に行きます! 展望台の営業時間は8~19(18)時で。料金は大人900円です。チケットを買うとすぐにエレベーターへ案内され、EGの説明を聞きながら30秒ほどで展望階に到着しました。

www.goryokaku-tower.co.jp

そして展望台からの景色がコチラ! タワーのすぐ近くには巨大な星型の公園がありました。これがかの有名な「五稜郭」です。こんなに綺麗な星型なんですね。その先には函館市街地が広がっています。五稜郭は箱館奉行所の移転先として江戸末期1866年に建造された城郭です。幕府崩壊後は戦争が起こって旧幕府軍に占拠された過去もありました。その後は公園として整備され、今や函館を代表する観光地として全国的に名が広まっています。

f:id:esupi7:20190107164330j:plain

五稜郭公園 (展望台より)

五稜郭タワーからは五稜郭公園だけでなく、函館市街地を360度ぐるりと楽しむことができます。五稜郭公園とちょうど反対側からは函館山が見えました。またこちらは函館中心部方面でもあるので、多くのビルやマンションが立ち並んでいました。

f:id:esupi7:20190107164335j:plain

函館山方面 (展望台より)

展望台から真下を見るとこんな感じ。人が豆粒のような小ささで、足がすくんじゃいました。実は高所恐怖症だった果南ちゃんが鞠莉ちゃんに抱きつくのもよくわかります(笑) (2期8話より)

f:id:esupi7:20190107164339j:plain

展望台から真下を望む

展望階はただの展望台というわけではなく、「五稜郭歴史回廊」という展示もされてました。周りながら五稜郭の歴史を学べるようになっていて、じっくり見させていただきました。いくつものミニチュア模型も展示されていて楽しみながら学習できました。そして曜ちゃんが「かっこいい!」と言っていた銅像は「土方歳三」という五稜郭の歴史に深く関わっている方で、アニメと同様に展望台内に設置されていました(※アニメでは立像である一方実際は座像)。

Aqoursちゃんはこの展望台内でそれぞれ楽しんでいました。下の写真は...
😈「これこそ我が夢にまで見た魔法陣ッ!」🎹 「落ち着きなさい」
とよしりこがボケ&ツッコミしてた場所。よしりこ推しの僕としては2期でよしりこの絡みがかなり増えたのが本当に嬉しかったです。

(※画像説明欄に【聖地】と書いている写真は作中カットを意識して撮ったものです)

f:id:esupi7:20190107164345j:plain

【聖地】<2期8話> 五稜郭タワー観光 (1)

次は展望1階にあるシースルーフロア。床がガラス張りになっていて真下が見えます。ここは先ほども挙げましたが、🐬「全然平気平気!」と言ってガラスの上に立った果南ちゃんが下を見て怖くなって鞠莉ちゃんにハグするシーンで登場。意外とビビリな果南ちゃんが可愛かったです。

f:id:esupi7:20190107164350j:plain

【聖地】<2期8話> 五稜郭タワー観光 (2)

ということで展望台はここまでにして下に降りてきました。下の写真は先ほど説明したとおり旧タワーの跡地にできたアトリウムです。全面ガラス張りになっていて光が差し込んでくるので心地よい空間になっていました。アトリウム内には座れる場所が沢山あり、パン屋もあるので休憩にぴったりですね。

f:id:esupi7:20190107164356j:plain

五稜郭タワー 1,2F アトリウム

さて次は五稜郭公園へ。公園内はアニメで登場しなかったですが、せっかくですから軽く散歩してみようと思います。五稜郭公園は明治時代までは陸軍が管理していましたが、大正時代から公園として一般開放され、今に至ってます。観光地としては勿論、ジョギングなどで訪れる地域住民の方も多い公園です。花見の名所としても知られていて、春は多くの人で賑わいます。

f:id:esupi7:20190107164401j:plain

五稜郭跡

2010年には公園の中心部に箱館奉行所が復元されました。見学することも可能です。

f:id:esupi7:20190107164406j:plain

箱館奉行所

公園内は自然豊かで函館のオアシスという感じでした。ぽかぽかした陽気でのんびり散歩を楽しめました。

f:id:esupi7:20190107164413j:plain

五稜郭公園 外堀

特別史跡として国から指定されているだけあって、公園内どこを撮っても絵になるような美しい風景写真になりました。下の写真は「五稜郭タワーと五稜郭公園」ということで当記事のベストショット。風光明媚な場所でございました。

f:id:esupi7:20190107164417j:plain

五稜郭タワーと五稜郭公園 (※)

公園をあとにしてタワーの麓に戻ってきました。間もなく正午になるので昼食にします。タワーの傍には一際目立つ建物がありました。「ラッキーピエロ 五稜郭公園前店」です。ラッキーピエロは函館を中心に道南のみに展開されているご当地バーガーチェーン店。アニメではラッキーピエロが登場するのですが、ベイエリアにある別店舗なので、またそのときに紹介したいと思います(函館編(3)参照)

f:id:esupi7:20190107164421j:plain

ラッキーピエロ 五稜郭公園前店

ということで昼食に選んだのはラッキーピエロではなく、道を挟んで向かいにある「麺厨房あじさい」です! 函館のグルメと言えばやっぱり塩ラーメン。函館に行ったら1回はどこかでラーメンを食べようと予め人気店を調べてみたところ、このお店が最も知名度が高くておいしいということで、五稜郭に行ったあとに食べに行こうと決めてました。

f:id:esupi7:20190107164430j:plain

麺厨房あじさい 本店

看板メニューである「味彩塩拉麺」を注文。ラーメンの中だと一番豚骨が好きですが、塩もその次に好きなので迷うことなく選びました。運ばれてきたラーメンを見て「あ~絶対おいしいやつやん」と...。公園内歩いてお腹ペコペコですからさっそくいただきます。

f:id:esupi7:20190107164425j:plain

味彩塩拉麺

流石函館を代表する名店というだけあってやっぱりおいしい! 塩ラーメンにしては大分とあっさりした印象です。上の写真のスープの透明度を見てもらえればわかると思います。麺の硬さは柔らかくも硬くもなくちょうど良い感じ。

そしてチャーシューがめっちゃ美味い!! とろけるような柔らかさ、口の中にジュワ~と広がる豚脂、そしてしっかりと感じる豚の旨味が最高でした。チャーシューが凄いという話は聞いてなかったのでこんなに美味しいとはビックリしました。

あっさりとしたスープだったので全部飲んでしまい完食! 函館に聖地巡礼や観光で来られる方は是非食べに寄ってほしいと思います。クセがあまりないラーメンなので個人差なく食べやすいと思いますよ!

www.ajisai.tv

1日目午前は五稜郭周辺を思う存分に満喫できました!

【函館駅】はるばる来ました函館

次は函館の中心、JR函館駅に行きます。五稜郭公園前停留所に戻ってきました。ここから函館駅前停留所まで市電に乗ります。

f:id:esupi7:20190107164442j:plain

函館市電2001号車 (函館駅前停留所)

20分ほどの乗車で空港と並ぶ函館の玄関口であるJR函館駅に到着しました! 函館駅自体にこれといった用事はありませんが、2期8話の冒頭で函館駅周辺が登場しているということでやってきたわけです。アニメでは🍊「いや~、はるばる来たね。函館!」と千歌ちゃんが言ってるので、Aqoursちゃんは列車で函館までやってきたのかと最初は思ってました。しかし沼津からここまで列車だと新幹線を使っても相当時間がかかるので、多分飛行機で来て空港からシャトルバスに乗って函館駅に来たんじゃないかと勝手に想像しています。帰りは飛行機でしたしね。

f:id:esupi7:20190107164446j:plain

JR函館駅

駅前には立派なバスターミナルが整備されていて、広々としていました。空港と駅を結ぶシャトルバスはここを発着しています(運賃450円)。左手前にある赤いモニュメントはアニメでは描写されてませんでした。「Oyako」というタイトルで、親子のふれあいを表現した作品みたいです。

f:id:esupi7:20190107164505j:plain

函館駅前バスターミナル

駅入口すぐ傍のこの場所では「うぅ、寒い...」🌸「曜ちゃん♡もっと厚着したほうがいいわよ」とようりこが話していました(梨子ちゃんの「曜ちゃん」の言い方が完全にカップルみたいだったので勝手にハートつけました)。G'sのモスバーガーのイラストでもそうでしたが、曜ちゃんって結構寒がりなんですよね。ちょっと話脱線して、左にGLAYのライブ案内のポスターが貼られてますよね? このときは特に気にせず流していたのですが、調べてみるとGLAYってちょうど20年前にここ函館で結成されたグループだったのですね。全然知らなくてビックリしました。

f:id:esupi7:20190107164451j:plain

【聖地】<2期8話> 函館駅到着 (1)

その反対側。厚着しすぎてお相撲さんみたいになった花丸ちゃんが近づいてきたカットでここが映りました。このあとマルちゃんずっこけてようよしるびが下敷きにされるという(笑)

f:id:esupi7:20190107164456j:plain

【聖地】<2期8話> 函館駅到着 (2)

そんな花丸ちゃんや雪山ではしゃいで足がハマってしまっただいまりを見て、「アハハ...」呆れながら見守るかなちかりこちゃんが映っていたカットで登場した背景がコチラ。駅入口付近から朝市方向を見た景色です。一番奥に見える緑は函館山です。朝市や東横インの建物の形はそのまま再現されて作中登場していました。それにしても果南ちゃんや梨子ちゃんはツッコミ系の立ち位置ですが、このとき千歌ちゃんまでその位置にいたのは意外でした。案外ダイヤちゃんがめっちゃはしゃいでたっていう(笑)

f:id:esupi7:20190107164500j:plain

【聖地】<2期8話> 函館駅到着 (3)

函館駅近くで登場した聖地はこんな感じです。ワチャワチャしたAqoursちゃんの可愛いシーンを思い出すことができました。函館駅は一旦後にして次の目的地へ移動します。

函館編(2) に続く


 

聖地めぐりたび!、次回は函館編(2)です。函館編は計4本の記事に分けてお送りしております。(2)では函館のメインスポット「函館山」へ! 世界三大夜景にも選ばれた素晴らしい夜景を楽しみます。他にも夜のロマンチックなベイエリアや、アニメには登場しなかった函館の隠れたスポットも紹介していきます。どうぞお楽しみに!

<2月7日12時投稿予定>